Cojok(コジョ)
Kco ( Voice & Acoustic guitar ) 阿瀬さとし ( Guitars & Electronics ) エレクトロニカ、フォーク、プログレ、クラシック等を消化し、「Aco-tronica」(アコトロニカ)という独自のジャンルを確立。2006年の結成以来、既存するどのシーンにもあてはまることなく唯一無二のスタイルを貫き続ける2ピースバンド。

DISC
2010年4月、ファーストアルバム「CRYSTAFIR(クリスタフィア)」をリリース。 同年11月には、アーティスト/レコードプロデューサーである佐久間正英氏のプロデュース・ミックスとTom Durack氏のマスタリングにより、シングル「Fall」「Mo'mentina」の2曲をリリース。

2012年9月 2ndアルバムOLIVEA(オリービア)をリリース。

WORKS
2013年7月よりプログラマー岸利至、ギタリストSUNAO、ピアニスト岩田彩からなるユニットPGPの歌詞提供及び音源制作に参加(ボーカル・レコーディング、コーラスアレンジ)。同時期よりプログラマー岸利至、ドラマー酒井愁からなるユニットTWO TRIBESに歌詞提供(2014年1月現在 共同制作中)。

2011年8月には、国宝絵巻である玄奘三蔵絵を用いた世界最大級の3Dプロジェクションマッピングショー''ならファンタージア-SANZO-''の 本編楽曲を書き下ろし提供、及びテーマソング''NARA FantAsia''の制作を担当。このイベントは、藤田美術館と奈良県の協力により、奈良国立博物館で6日に渡って開催された。

LIVE
体感型のライブパフォーマンスにこだわりを見せ、2010年11月に、「サウンド&レコーディング・マガジン」とApple Store銀座の共同主催によるワークショップにて「10.0chサラウンドライブ」を披露。 翌2011年5月には、FUJITSU TEN社の協力を得て、ECLIPSE TDシリーズスピーカーを10台、サブウーファー2台を用いた10.2chという前代未聞のサラウンド・ワンマンライブを、代々木のクラシックホールMUSICASAで実現した。同年12月にはドラマーにunkie城戸紘志、ゲストギタリストに、いまみちともたか(BARBEE BOYS)を迎え、東京での2度目のワンマンライブを果たす。

2012年3月、サウンド&レコーディング・マガジンの主催による企画「Premium Studio Live vol.6」に参加。DSDによる完全一発録りの公開レコーディングを、音響ハウスにてライブ形式で行なった。Cojokの二人に、編曲家でありチェリストの徳澤青弦率いる弦楽四重奏が加わり、更には、屋敷豪太(ドラム)、根岸孝旨(ベース)、権藤知彦(フリューゲルホーン)らがゲストとして参加。総勢9名が一堂に会し、Cojokの楽曲中心にカバー曲を織り交ぜた全7曲を演奏。YMO等の仕事で知られるエンジニア・飯尾芳史によるリアルタイム・ミックスにて収録を行なった。レコーディングの模様はサウンド&レコーディング・マガジン2012年4月号に特集で掲載され、収録音源はアルバム「QUANT」と題して、OTOTOYより配信リリースされている。



Kco (voice & Acoustic guitar)
Satoshi Ase (Electric guitar and computer programing)

Cojok was formed in the summer of 2006 in Osaka, Japan.Based on erectlonica, folk, progressive and classic music,but they build their original genuine ''Aco-Tronica''.In April 2010, Cojok released their first album ''CRYSTAFIR'' from their own label Nashuca Sounds.

A record producer Masahide Sakuma (Plastics/Yonin-bayashi:He had collaborated Mick Karn, The B-52's, Talking Heads and so on) found their activities on MYSPACE and he asked them to join the live-tour of his band as a co-star. This is the reason that Cojok released 2 songs ''Fall/Mo'mentina'' by his produce on November 2010.

In Japan,Cojok is an rare artist who is continuing challenging to a musical new possibility.ECLIPSE from FUJITSU TEN(Japanese Electronicsmaker) supported their 10.2 ''Sorround'' concert at a classic hall in Yoyogi in March 2011.Ten speakers and two woofers sorround Cojok and audience. Through this concert,they provided the audience with unprecedented sound experience.

In addition to this,it's also one of the fresh activities of Cojok that they try to spread DSD(Direct Stream Digital) online music distribution so positively.In March 2012, Cojok participated in a studio-live-recording which Sound&Recarding Magazine(Ritto Music Co., Ltd.)planed and KORG sponsored.Cojok played with many musicians-----Gota Yashiki(Dr), Takamune Negishi(Ba),Tomohiko Gondoh(F.Hr) and Seigen Tokuzawa(Vc) and his quartet---------and it was recorded to KORG DSD recorder by engineer, Yoshifumi Iio.This work was released as an album which was named ''QUANT'' from Sound&Recarding Magazine label April 2012 and the special report was published at this magazine.